Sunday, November 6, 2011

スティーブ・ジョブス

スティーブ・ジョブスがこの世を去りました。それからもう1カ月以上も立ちました。彼の与えたインパクトは計り知れないものです(社会にとっても,私個人にとっても)。彼が亡くなる前もあとも、私は彼に興味津々です。かれに関するいろいろな記事、テレビの特集、等々をむさぼるように見たり読んだりしている今日この頃です。彼の死後、すぐ出版された伝記もアマゾンでオーダーして本が届くのを待っているところ。Kindle版で買ってもよかったのだけれど(これなら届くまで待たなくてもよかった)、なぜか手に取って読める本が欲しかったので

Wednesday, October 12, 2011

スペイでスティールヘッド

またまたご無沙汰してます。10月の初め、またオレゴンからワシントンに流れるグランド・ロンド川に行ってまいりました。狙いは、スペイロッドで、おもり無しのスティールヘッドフライをスイングする方法で、スティールヘッドを釣る事でした。スペイロッドを数年前に手に入れて以来、キャスティングの練習をかねて何度か釣行したのですが、これまではニジマスやホワイトフィッシュを釣ったのみ。今年こそはとガイドさんもやとって過去自分にとって相性のいいこの川に来ることになりました。ガイドのデイブの指導で、結局3尾この方法でつり上げました。それ以外にも1尾かけましたがばらしました。

一緒に行ったジェリーも1〜2尾ずつ毎日(4日間の釣行)つり上げてご満悦でした。

これでなんとなくスペイでの釣りが少し分かって来た様な気がします。私は今のところ、シングルスペイ、ダブルスペイ、それにスネイクロールを流れと風の向きによって使い分けているのですが、この数週間後にボイジー市内でスペイキャスティングのセミナーがあり、自分の頭の中ではっきり区別のついていなかったスカンジナビアンスタイルのアンダーハンドキャストとダブルスペイの違いがようやく少し分かってきました。多分アンダーハンドが分かればその方がもっと効率良さそうです。精進します(笑)

Monday, September 12, 2011

鳥撃ち初成功!


数年前にショットガンを仕入れ、ぼちぼち秋の鳥撃ちシーズンに野山に出歩いたりしていましたが未だ1羽も撃ち落とした事の無かった私にもついに運がまわって来た様です。これはこちらで云うgrouse(グラウス)の一種で、日本語ではらい鳥と云われている物と同じ仲間の様ですね。日本では天然記念物らしいので、銃で撃ったりはできませんが、こちらでは鳥打ちの対象としてごく一般的にシーズン期間中は撃つことができます。この鳥は標高の高い木の生えているところに生息する様です。友人の狩猟犬(イングリッシュセッターのジーナ)の力を借りて居所を突き止め,6〜8羽ぐらいバッと飛び立ったと気に私は3発、友人も数発連射して、私は1羽、彼は2羽仕留めました。現在うちの別宅の冷凍庫で冷蔵中。内蔵を取り除いた際、ノドの中にはブルーベリーの様な木の実がたくさん入っていました。次回別宅を訪れた際に料理する予定です。おたのしみ。

Wednesday, August 24, 2011

iphone 4

遅ればせながら、iPhoneを使い始めました。このブログのダッシュボードに久々に行ってみると、なんとモバイル対応のサイトもできるようになっているではないか。早速これを使い始めました。これからiPhoneから直接アップしてみようと思います。結構いいカメラついてるしね。ところで、スティーブ・ジョブスがアップルのCEOから降りるという話を今日聞きました。いや彼は本当にすごい人ですね。

サンバレー近辺

今日はサンバレー近辺で行った事無いポイントに、ローカル友(遊?)人に連れて行ってもらいました。この人はレストラン勤務なのでこのように昼食まで持って来てくれました。
日曜に来ましたが釣果はまあまあ。でもすごくきれいな川でこんな14インチのカットスロート・トラウトもつれたりして面白かったです。この週末の金曜日の方がもっとホイホイ釣れたそうですが、まあ釣りとはそんな物です。また行きます。

夏でもこいつで釣らせてもらいました

オワヒの夕方,こいつがハッチしていてイマージャーを補食している魚を例のごとくゲット。19インチ前後を3尾と、夕方だけにしてはなかなか満足できました。