Monday, May 29, 2006

Billingsley Creek

この日の写真はローレズの携帯電話内蔵カメラで撮ったので、画質は劣るがまあ感じだけはつかめるでしょう。

いや〜ボイジーからたった1時間半でこんなところがあったとは!Thousand Springs(千の泉)地区の湧き水を水源とするこの川、小さいながら落ち着いたたたずまい。今週末はメモリアルデーウイークエンドで3連休。4月5月と禁漁だったアイダホの川もこのウイークエンドからシーズン開幕なので、どこに行こうかと思案した。アイダホもオレゴンのO川もまだ水量が多すぎるのでシルバークリークにでも行こうと思ったが、あそこはシーズン開幕の週末は混むと聞いたのでそれを外して以前から聞いていたこの川に行ってみることにした。グーグルマップで調べると、うちから100マイル(160km)弱なので、片道2時間ぐらいかなと思ったが、道程がほとんど高速道路でこの区間は制限速度も高く(時速75マイル)、結局1時間半ぐらいで着いてしまった。
何せ初めてなのでどの辺のアクセスポイントから入ればよいのかわからず、少し時間をむだにしたが、結局パブリックアクセスの一番上流側に入る。ここはニジマスの孵化場のすぐ隣で、ここから逃げて来たのか放流されたのか、金魚のような黄色いニジマス(アルバイノ)が水の流れ込みに一杯いる!これをこの辺ではゴールデントラウト(俗称)と呼んでいるが、カリフォルニアの山奥にいる本当のゴールデントラウト(種名)とは違います。ここにいるのはニジマスの突然変異で色が抜けているだけ。これを見れば魚がどの変に群れているのかは一目瞭然。早速オービスショップで勧められたやり方(サイズ16番ぐらいのビードヘッドニンフ)を試してみる。釣り始めたのは11時半ぐらい、曇っていて肌寒かったからか、ついた時は他に誰もいないという贅沢さ!魚の群れにニンフをドボンだから釣れないわけはない。割とこの小川でホイホイ釣れ、一番大きかったのはこの写真の16インチのニジマス。たまにブラウンも混じってなかなか楽しめた。それにここの魚の元気のいいことといったら!かなりのファイトであった。魚体も健康でかなりの美形。
その後この孵化場のもっと下流の方等にも行ってみた。下流はホントにシルバークリークのような感じだが、ちょっと遊歩道網がちゃんとしていない感じでずっと行ってみたが行き止まりになってしまった。ところどころ藻の上にゴールデントラウトがゆらゆら泳いでいるのが見える。この一匹をドライフライで捕る。ここはスプリングクリークといってもフィッシングプレッシャーが低いので、使ったフライはローヤルウルフ。後半またドライにブラウンが来たが、そのときのフライはエルクヘアカディス(超一般渓流パターン)。



これがゴールデントラウトのアップ。ニジマスのピンクのストライプが見えるだろうか?でも体は黄色でまるで金魚のようだった。

8 comments:

Jody said...

Hi! I can't read your blog, but I see you are in Boise! That's my favorite place ever! And I'm driving there this weekend!!! Anyway. I love Boise...

yokoyam3 said...

Hi Jody, my blog is in Japanese because that is the easiest language to write to me. I talk mostly about fly fisihing around Boise. Last Sunday's outing was to Billingsley Creek near Hagerman. It was my first visit there and I really liked it. It only took an hour and half drive from home. There are a lot of trout (brown and rainbow) to be caught. I would think it is an easy place for begginers so you may want to give it a try if you have not done it!

Hisa said...

Yokoyama3
お久しぶりです。
新しい川を発見されたようですね。ブログ読んでかなり惹かれました。Billingsley Creekは小さな川とのことですが、ウェーディングは楽にできますか?
実は、昨日O川に釣りに行ってきました。私は、O川の経験が少ないので、水の量と流れ以外に劇的に何が変わったのかはわかりませんが、川の流れが穏やかなポイントではライズをしている魚も結構見ましたよ。釣っている最中に大雨で、何回か中断しながらも何とか1匹16インチぐらいのブラウンをドライで釣ることができ楽しめました。今年は、オレゴンのシーズン券を買ったのでO川にも通いたいと思います。シーズン開幕ですね!

yokoyam3 said...

私も実はこの週末の前の週末にO川に行き、巻き返しの流れを探してそこでライズを発見しました。流量はこのとき1300cfsぐらいでしたが、16インチぐらいのブラウンをを2尾釣りました。でも水はかなり濁っていてコーヒー牛乳みたいでしたけどね。昨日月曜日に流量がぐっと落ちて、今の流量は570cfs弱ぐらいですので、大分釣りやすくなって来たと思いますが、水の濁りはどうでした??ところで私のユーザーネームには最後のaはありません。

Hisa said...

Yokoyam3
ユーザーネームすみませんでした。。。
水の濁りは、確かにコーヒー牛乳のようでしたよ。

ジミー said...

相変わらず精力的に釣っていますね!
しかしこの小さな川にたくさんの魚がいるとは、、、
アメリカは本当に広いもんです。

この夏はガイド・トリップの空いたときを狙ってシルバークリークに行きたいと思っていますのでどうぞ宜しくお願いしますね!

yokoyam3 said...

こちらこそシルバークリークよろしく。結局去年は好調と言われたシルバークリーク行かずじまいでしたが、今年はもっと行こうと思ってます。お出ましの際は是非ご一報を。楽しみにしてます。

african said...

カキコどうもです。偶然にも5/23に友人家族達とHagerman近くの湧水地にPicnic&Fishingに行ってきました。

Hatchery Fishながら、結構楽しめましたが、Billingsley Creekはブラウンやアルビノもいるんですね!行ってみたいですね。