Saturday, September 30, 2006

アメリカ人の約束

アメリカに17年以上住んだが、いまだにわかっていてもあれっと思ってしまうことのひとつにアメリカ人の約束に対する概念がある。いろいろ友達を呼んで家でパーティーをしようと思い、一通り声をかけて頭数を確認し、食べ物はこれくらいあれば大丈夫という感じで用意したとしよう。今までの経験からすると、大体来るといった人の頭数の6割ぐらいの人しか実際来ないことがほとんどである(7割くれば上出来)。で、こなかったからといって電話をしてくれるわけでもない。これが日本人だけのパーティーだったら来るといった人はほとんど必ず来てくれる。やはりこれは文化の違いだなーと思わざるを得ない。で、来なかった人に後でどうしてこなかったのか聞いてみると、その日はパーティーに行く気分にになれなかったとか、買い物とかが忙しくてたまたまそのとき町の反対側まで言ってしまっていて、またそこまでドライブするのはちょっと億劫だったとか、日本人の感覚からしたらちょっと変な理由がまかり通ってしまう。これがやはりアメリカのビジネスのやり方が、契約や法律でがんじがらめにしてきっちり決めながらやっていくというスタイルの元になっているのだろう。そうしないと平気で口約束など忘れられてしまうか、都合が悪かったらやってくれないのだから。それともうひとつ。アメリカ人はよく約束を忘れてしまう。確かにそうでない人もいるが、平均的に忘れてしまう人が圧倒的に多い。というわけで、アメリカではリマインドといって約束は何回も何回も確認しないと忘れられてしまうか、リマインドがなかったからあれはなしになったと思っていたとか言われてしまう。こういうことを肝に銘じておかないと、アメリカでは思わぬ落とし穴にはまることがあるのでアメリカに住む日本人の皆さん、注意してくださいね!

3 comments:

じゅん said...

「アメリカ人の約束」ほどいい加減なものはないだろう。他の日本人に一般的なアメリカ人がするような言い訳をしたら、まず二度とパーティー(あるいはなんかの集まり)なんて呼んでもらえなくなってしまうだろう。でも上記のような「一般的」でない、つまり他の文化・価値観に敏感なアメリカ人の中には、(口)約束を守ることが友人関係を維持していく上で大切なことを理解してくれた。残念ながら、私の経験(在米7年)でたったの二人だけだが…。しかもその内一人はもうすでに、三ヶ月前からしばしばメールで「いつからいつまでそちらへ行く用事があるから会わないか」の約束を前日に「町の外へ行く仕事があった」と悪びれることもなくあっさり断ったりする。かと思えば昔、約束を守れなかったことを覚えていて二三ヶ月してから誤ってきたアメリカ人もいたりした。人それぞれといえばそれまでだが、やはり全体の風潮としてはアメリカ人は口約束に重きを置いていない人が多く日本人とは対照的であるということだろうか。

Anonymous said...

仕事でアメリカに戻ってきたのですが 銀行の人が電話するといっておきながら約束を守らなかったりカードを間違えた住所に送ってしまったりしても大丈夫さ〜って感じでショックです。

頭では仕事しなきゃと思っているのですが こんな国で生活したくない、もう帰りたい衝動にかられています。
”「アメリカ人の約束」ほどいい加減なものはないだろう。”ですか?
口約束は聞かない方が身のためなのかもしれませんが お金関係の人達は避けてとうれませんが 皆さんどうなさってますか?

(このサイトで 同じ様に感じる人がいて精神的に軽くなりました。ありがとう。)

yokoyam3 said...

最近ブログはご無沙汰してて、久しぶりに見たら色々コメントがあって改めて面白く読んでいます。ホントにホントは違いますよね。私にとっては、こういういい加減さにフラストレーションがたまることもあるし、逆に自分の気が楽になることもたまにはあります。