Sunday, September 23, 2007

super hatch at Owyhee

昨日の土曜日は今年ヘンリーズフォークで知り合ったWさんがボイジーに移動してきたので、ホームグラウンドのオワヒにご案内(といってもガイドではないのだ)。曇りで雨もたまにぱらつく理想的な天気。割とゆっくり出発して着いたのはもう午後3時を回っていた。下流から上流まで車で見て回る。今年初めてどのセクションもまんべんなくライズが見られるというコンディションに遭遇!結局上流側から始めることにする。川に降りてみてびっくり!水面にはPMDとBWOのダンがビッチリだ〜!これじゃライズだらけな訳だ。このセクションでWさんと私は共にドライ(PMDとBWO)で16インチぐらいのやつを1尾ずつあげる。しかしハッチが濃すぎてなかなかフライを食ってくれないので思いのほか苦戦。でしばらくしてから下流に移動。ここでもライズは頻繁にあるが、上流の様にダンが水面上にぴっちりというわけではない。ここでWさんドライでこのナイスブラウンをゲット!19インチ。フライは18番のBWOパラシュート(?)。しかしどうもこのポイントではメイフライよりミッジがメインなようだ。
この移動先であげた2尾めの写真。これ19インチ。サイズ20のBWOパラスピナー使用。フリードリフトでだめだったので沈めてストリップしたら来てくれた。しかしこのポイント、去年の洪水以来不調だったが、この日今年初めてこんなに魚がライズしているのをまた見ることができた。
ライズはあるが、なかなかドライを食べてくれない。どうも水面直下でフィーディングの様子。そこで以前やった手を使ってみる。自作のミッジラーバパターンをストライクインジケーターの下15〜20センチぐらいに付けてドリフトさせてみると、これが当たって立て続けに3尾ヒット。一尾めはかなりでかかったがバラしてしまった。で、全く同じエリアでまたヒットして上がってきたのがこれ。これも19インチ。Wさん写真撮ってくれて有り難う!
立て続けにヒットがあったので、Wさんも様子を見に来た。そのストライクインジケーターがすっと見ずに沈むアタリを見せたいなーと思いつつまた同じエリアにキャストする。で、なにもおこらず。で、もう少し遠くにキャストしてみると着水と同時にすっと沈むアタリ。すかざすアワセる。これでまた18インチ。これもその前のもハリは上唇のど真ん中に刺さっていた。
今年のオワヒは夏もずっと水温が上がらず、今日も摂氏9度と冷たい冷たい。さて上がろうかとフライベストを脱いだが、帰りにウエイダーはいたまま温泉入ってから行きませんかということでW氏温泉ご満悦の図。これ足とお尻が冷えたときにとっても気持ちいいっす!一年中シーズンオープンのこの川で、帰りにウエイダーはいたまま温泉に入れるのはうれしい(特に冬)。

2 comments:

KSK said...

お久しぶりです!!
うわーオワヒそんな調子がよかったんですか。温泉いいですね~(^^)

yokoyam3 said...

そう、やっと往年の調子を取り戻した感じ。あの去年の洪水のあとちょっと以前と違ってたけどやっと戻ってきた感じ。水草もまた生えてきたしね。